読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

看護師が楽しいって思える職場【クリニック編】

クリニックは少数精鋭のスタッフで仕事を切り盛りしているので、看護師はプレッシャーやストレスを感じることもあります。それでも楽しいと思える瞬間があるからクリニックの仕事を続けていけるのです。

ここではクリニック看護師が「楽しい」と感じる職場をまとめています。これからクリニック勤務を考えている看護師の方へ。

クリニック看護師はなじみの患者との触れ合いが楽しい

クリニックは地域密着型が多く地域住民の大事なかかりつけ医になっています。定期的にクリニックに通院する患者も多く、顔見知りになる方も少なくありません。なじみの患者の体調を管理することで信頼関係がうまれ、患者との触れ合いを楽しむこともできます。

地元が好きで地域医療に貢献したい看護師にとって、クリニック勤務には意味があり、とても楽しいものです。

クリニック看護師はやりがいを感じられるから楽しい

一人でさまざまな業務をおこなうクリニック看護師ですが、それが逆にやりがいや楽しさにつながることもあります。

来る日も来る日も同じ業務を繰りかえすのが精神的にツラい看護師、ルーティンワークには我慢がならない看護師はクリニック勤務を考えるのも一つの選択です。忙しさのなかにもやりがいや楽しさを見つけることで、日々の生活にハリがうまれます。

クリニック看護師は多彩な仕事ができるから楽しい

クリニック看護師は問診や採血、バイタルチェックだけをおこなえばいいというわけではありません。

患者からのクレーム処理や要望への対応、外部営業担当者とのやりとり、そしてときにはクリニックを彩る花の手入れやイベント開催など、かなり幅広い仕事ができます。これが楽しいと感じるか雑用と感じるかは看護師のセンス次第ですね。

クリニック看護師は規則正しい生活ができるから楽しい

クリニック看護師は土日や祝日など決まった曜日に休むことができます。お子さんが小さいと、土日に各種イベントが開催されることも多く、土日祝日が休めるクリニックはプライベートを大事にしたい看護師にぴったり。

楽しい週末を家族と過ごしたい看護師にとって、クリニック勤務はうってつけなのです。

まとめ

看護師一人にさまざまな役割が課せられるクリニックですが、それが逆に楽しさや喜びに変わるケースもあります。大病院で毎日同じ仕事をしたくない看護師は、クリニック勤務の道を考えてもいいかもしれませんね。

クリニックへの転職ならナース人材バンク