日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

クリニックでフルで働く看護師の手取りは月17万円

クリニックで働く看護師の給与は、夜勤や交代勤務のある看護師にくらべて低くなりがち。クリニックでフルに働いても、看護師の手取り額は約17万円という現実があります。

ここではクリニック看護師の給与、どの手取り額について調査しています。これからクリニックで働きたい看護師は、ぜひチェックしてください。

クリニック看護師の手取り額計算方法

求人票に「月給20~25万円」と書かれていても、その金額がそのまま支給されるわけではありません。基本給から厚生年金保険料や雇用保険料、健康保険料、さらに所得税や住民税などが差し引かれていきます。

40歳以上の看護師は介護保険料も引かれてしまうことも忘れないでください。基本給20万円であっても、結局手取り額が17万円前後まで減額されてしまうのは仕方のないことです

クリニック看護師の手取り17万円は安い?高い?

クリニック看護師の手取りは約17万円と言われていますが、これは妥当なものでしょうか?基本給や手当を加えた給与が22万円前後なければ、これだけの手取りは実現しません。

手取り17万円は少なく感じてしまいますが日勤のみで定期的にお休みがもらえるクリニック勤務ですから、まずは妥当な金額だと思います。もちろん金銭感覚は人によって違いますので、17万円が安いと思うなら夜勤のある医療機関に転職すべきです。

手取りが減っても社会保険、厚生年金に加入できた方が良い

手取りが多い方が生活に余力がうまれますので、社会保険(厚生年金や健康保険)については疎かにしがちです。ところがこの社会保険、じつはとても重要。国民年金を掛けても将来もらえる年金は月に5万円前後。

厚生年金なら月に10万円以上になります。高齢になったときの生活を考えたときは、社会保険のしっかりしたクリニックの方が安心なのです。

クリニック看護師が手取り額を増やすには?

クリニック看護師が手取り額を増やそうと思えば、基本給や手当の高いクリニックへ転職・復職する以外にありません。

クリニックの場合院長が取りしきっているため、よほどクリニックの運営状況が良くない限り看護師の給与は簡単にあがりません。給与額に強い不満があり周囲のクリニックよりもあきらかに給与が安い場合は、転職も視野にいれると良いと思います。

まとめ

クリニック看護師の手取り額は約17万円ですがこの金額が高いか安いか妥当かは、看護師の経済状況などによって違います。満足して働けるなら現状を維持するのも良いですし、不満なら転職することも可能です。納得できる選択をするのが一番ではないでしょうか。⇒ 転職するならナース人材バンク