日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

クリニックで起こる看護師のいじめは辛すぎる

クリニックは限られた空間のなかで働くことになるため、一度いじめを受け始めると逃げ場がなく、さらに異動で人間関係が大きく変わることもないため、いつまでもツラい時間が続くことになります。

クリニックでいじめが起きる理由やその対処法をご紹介しています。これからクリニックで働きたい看護師の方へ。

クリニック看護師が経験するいじめいろいろ

クリニックで看護師が経験するいじめにはさまざまあります。

同僚看護師や事務スタッフからの意図的な無視、とてもこなしきれないほどの仕事を押しつけられる、ミスの責任転嫁、聞こえるように悪口を言う、根も葉もない噂をながす、必要な連絡を意図的にしない、同僚からいつも怒られる対応しかされないなど。

どのようないじめをされてもツラいものです。

クリニック看護師がなぜいじめに遭うのか?

クリニック看護師がいじめに遭う原因は、古参の看護師よりも学歴が高い、看護スキルが高いなどのやっかみや、仕事のできない看護師に対する嫌がらせ、一人でさっさと定時に帰るなど協調性のない看護師に対するいじめなどが原因です。

なかには「院長と仲良く話しをしていた」という、ささいな理由からいじめが始まるケースもあるようです。もちろんすべてのクリニックでいじめが起きるわけではありません。

クリニック看護師がいじめに遭った場合の対処法

いじめられている原因に心当たりがあり、さらに改善できそうなら努力するべきです。協調性のなさでいじめに遭うなら、ほかの看護師に合わせるなど努力を。

けれどなかには「あの看護師は彼氏ができたみたい。羨ましい」という理不尽な理由からいじめが始まることもあります。どうしても対応しきれないとき、いじめがおさまらないときは転職する方法しかありません。

いじめのないクリニックの見極め方

クリニック内にボス的存在の看護師がいて、新人看護師がことごとくいじめられて辞めていく恐ろしいクリニックもあります。絶えず看護師の募集が出ている、クリニックの看護師がいつもコロコロ変わるところは要注意です。

けれどクリニックの内情や離職率を看護師が知ることは困難。看護師求人サイトをつかって職場の人間関係を調査してもらうと安心ですね。

⇒ 人気の求人サイトナース人材バンク

まとめ

クリニックは狭い空間なので逃げ場がありません。そんなクリニックで起きるいじめは本当につらいものです。クリニックに入職する前にいじめの起きやすい職場なのか、しっかり調査しておくことで入職後のトラブルを防ぐことができますよ。

nursebank.hatenablog.jp