日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

英語が活かせる看護師の職場 【クリニック編】

国際化にともない、場所によってはクリニックにも多くの外国人がやってくるようになりました。また海外からツアーで健診にやってくる外国人も増えています。国際色豊かな病院では、英語の堪能な看護師を求めているのです。

円安の影響や2020年のオリンピックの影響で外国人観光客が増えています。ここでは英語の得意な看護師が働きやすいクリニックについてまとめています。

外国人専門クリニックなら英語スキルが生かせる

最近は外国人がこぞって日本に健康診断を受けにくるようになりました。日本で健診を受けるツアーも組まれています。日本の医療技術は世界トップクラスであるうえに、医師や看護師が親切で施設もキレイで健康診断が受けやすいと大好評。

ところが外国人との意思疎通は外国語(英語)中心なので、外国人の多いクリニックでは英語のできる看護師が求められています。

有名クリニックは英語が話せる看護師優遇

有名クリニックには外国からも患者や研究者がやってきます。

外国人相手に英語は必須なので、英語のできる看護師は重宝されますし採用時に「英語ができるかどうか」も重視される傾向です。

英語の堪能な看護師は、看護師の仕事だけではなく通訳としてもクリニック内で活躍できます。英語力を生かして看護師に+αの仕事がしたいとき自分のスキルを上手にアピールすることです。

国際空港内のクリニック看護師は英語必須!

国際空港内にあるクリニックで看護師募集がされているときは、看護師の資格をもっている以外にも英語が話せることが優先条件です。英語はデフォルトとして、さらに中国語、スペイン語、ドイツ語など多言語が話せるマルチリンガルならさらに有利となります。

大使館が多いエリアは英語の話せる看護師ニーズが高い

東京都内には世界各国の大使館が集まるエリアがあります。そんな大使館銀座のなかにあるクリニックでは、大使館関連の患者が訪れます。

すべての大使館関係者が日本語を流暢に話せるわけではありませんので、英語の喋れる看護師が求められます。日本に1年以上滞在が見込まれる外国人は国民健康保険に加入できるため、医療費の未払いなどの問題が生じにくいのも、大使館の多いエリアにあるクリニックの特徴ですね。

まとめ

日本では英語の堪能な看護師の数が少ないため、英語が話せることは大きな強みになります。英語の話せる看護師は、外国人が多く住むエリアにあるクリニックで就職するのもひとつの方法ですね。

看護師1年目の看護師にクリニック勤務をおすすめしない理由

新卒の看護師がクリニックに勤務するケースがありますが、あまりおすすめできません。看護師としてスキルアップしたいなら、できれば有床の医療機関から仕事を始めると良いですね。

なぜ看護師一年目からクリニック勤務がおすすめできないのか?その理由を知りたい方はこちらの記事をお読みください。

クリニック看護師のスキルは限定的・専門的

クリニックは総合病院とは違い、専門科目ごとに運営されています。

眼科・皮膚科・内科・外科と専門分野ごとに分かれていますので、一度クリニックに入職すると専門的な看護スキルは磨けても全体的な勉強ができないため、皮膚科クリニックの看護師になるとクリニックを辞めるまでは皮膚科の仕事しかできません。眼科や内科にしても同じです。

一年目の看護師がいきなり専門看護師になると、その後のキャリアに影響してきます。

夜勤のないクリニック看護師は夜間看護の経験ができない

外来中心のクリニックでは夜勤がありません。

それがメリットのひとつと言えますが、夜勤がないと夜間看護の経験を積むことができず看護師のスキルアップにならない面もあります。

昼間は明るい患者も、夜になると精神的に不安定になることもあり、患者の様子を24時間観察することには意味があります。看護師一年目でクリニックに入職すると、夜間看護ができないデメリットがうまれます。

教育体制の整っていないクリニックでは看護師のスキルアップがのぞめない

クリニックは少数の看護師で運営していますので、教育体制がととのっていない医療機関が少なくありません。

看護師一年目でクリニックに入職すると、十分な新人教育がおこなわれないまま我流で看護ケアをおこなうことになりかねないのです。せめて最初の数年だけは新人教育のしっかりした医療機関で臨床経験を積み、その後にクリニックへ入職しても決して遅くありません。

一年目の看護師はクリニックよりも有床の医療機関

一年目の看護師は、幅広い臨床経験を積むことが重要。教育体制のととのった病院で夜勤やさまざまな診療科目を経験し、そこから得意な診療科目、興味のある診療科目へと転職することで無理なくキャリアアップできるので、年収もあがていくことができます。

まとめ

一年目看護師はまだ確固とした臨床経験や看護技術、知識が身についていない状態ですので、まずは新人教育のしっかりした医療機関で臨床経験を積むことが最優先。クリニック勤務は、中堅やベテランと呼ばれる看護師になってでも十分間に合います。

 

nursebank.hatenablog.jp

nursebank.hatenablog.jp

クリニックで働く看護師の良い待遇と最悪な待遇を比較

一言でクリニックと言っても、待遇の良いクリニックや待遇の悪いクリニックがあります。その差はズバリ、上司であり同時に経営者である院長の発想によります。

ここではクリニック看護師の待遇比較についてまとめています。あなたの勤務するクリニックは、果たして良いクリニックでしょうか?それとも最悪のクリニックでしょうか?

クリニック看護師の待遇の良しあしは福利厚生で決まる

クリニック看護師の待遇はクリニックの福利厚生をみるとある程度わかります。たとえば退職金。退職金共済に加入するなどすれば長年働いてくれた看護師に退職金を支払うことができますが、そのためには手続きが必要。

それが面倒くさくて退職金制度を整備していないクリニックもあります。また厚生年金すらないクリニックは待遇云々以前の問題です。

nursebank.hatenablog.jp

nursebank.hatenablog.jp

好待遇のクリニック看護師はきちんと残業代がでる

クリニック勤務でも残業が発生したとき、クリニックの本質がわかります。残業代が一円も支給されないクリニックであれば待遇が良いとは言えません。

さらにサービス残業が常態化しているクリニックはブラック職場。さらに有給休暇すら取得できないクリニックは訴えることができるレベルですね。

教育体制の整っているクリニックは看護師が働きやすい

新人看護師にとって教育体制のととのっているクリニックは待遇が良いと言えます。新人看護師の教育担当がいる、教育プログラムが整備されているクリニックは良心的です。

教育担当者を置くためにはクリニックにかなりの余裕が必要です。人的にも金銭的にも余裕のあるクリニックは働きやすいのです。

院長が好き嫌いで看護師を査定するクリニックは最低

ボーナス査定を院長の好き嫌いで決めてしまう困ったクリニックもあります。もし同じ時期に入職した同僚とボーナスの査定額が違いすぎる場合、院長の好みが反映されています。

看護師がどれだけクリニックに貢献しても、それが反映されないクリニックは待遇が悪いのは言うまでもありません。

nursebank.hatenablog.jp

まとめ

待遇の良いクリニックは福利厚生や教育体制がしっかりしており、残業代が支給され、有給休暇が取りやすい医療機関です。あなたの勤務するクリニックは、一体どれくらい当てはまっていますか?

クリニックへの転職ならナース人材バンク

看護師が楽しいって思える職場【クリニック編】

クリニックは少数精鋭のスタッフで仕事を切り盛りしているので、看護師はプレッシャーやストレスを感じることもあります。それでも楽しいと思える瞬間があるからクリニックの仕事を続けていけるのです。

ここではクリニック看護師が「楽しい」と感じる職場をまとめています。これからクリニック勤務を考えている看護師の方へ。

クリニック看護師はなじみの患者との触れ合いが楽しい

クリニックは地域密着型が多く地域住民の大事なかかりつけ医になっています。定期的にクリニックに通院する患者も多く、顔見知りになる方も少なくありません。なじみの患者の体調を管理することで信頼関係がうまれ、患者との触れ合いを楽しむこともできます。

地元が好きで地域医療に貢献したい看護師にとって、クリニック勤務には意味があり、とても楽しいものです。

クリニック看護師はやりがいを感じられるから楽しい

一人でさまざまな業務をおこなうクリニック看護師ですが、それが逆にやりがいや楽しさにつながることもあります。

来る日も来る日も同じ業務を繰りかえすのが精神的にツラい看護師、ルーティンワークには我慢がならない看護師はクリニック勤務を考えるのも一つの選択です。忙しさのなかにもやりがいや楽しさを見つけることで、日々の生活にハリがうまれます。

クリニック看護師は多彩な仕事ができるから楽しい

クリニック看護師は問診や採血、バイタルチェックだけをおこなえばいいというわけではありません。

患者からのクレーム処理や要望への対応、外部営業担当者とのやりとり、そしてときにはクリニックを彩る花の手入れやイベント開催など、かなり幅広い仕事ができます。これが楽しいと感じるか雑用と感じるかは看護師のセンス次第ですね。

クリニック看護師は規則正しい生活ができるから楽しい

クリニック看護師は土日や祝日など決まった曜日に休むことができます。お子さんが小さいと、土日に各種イベントが開催されることも多く、土日祝日が休めるクリニックはプライベートを大事にしたい看護師にぴったり。

楽しい週末を家族と過ごしたい看護師にとって、クリニック勤務はうってつけなのです。

まとめ

看護師一人にさまざまな役割が課せられるクリニックですが、それが逆に楽しさや喜びに変わるケースもあります。大病院で毎日同じ仕事をしたくない看護師は、クリニック勤務の道を考えてもいいかもしれませんね。

一方でクリニックは大変、しんどい、休めないという感じている看護師さんもいます。楽しいことにだけ惑わされては働いてから後悔することになるので、クリニック勤務の辛い面もしっかりチェックしてみてください。

 

nursebank.hatenablog.jp

 

クリニックの看護師の仕事は大変に決まってる

「クリニックは気楽そうでいいな」そう感じている看護師の方も少なくないと思います。一見ゆったり仕事ができそうなクリニックも、じつはかなり大変なのです。

「一体どこがどう大変なの?」そう疑問に思う方のために、クリニック看護師の大変な点をまとめてみました。ぜひご参考にしてください。

クリニック看護師は雑用が多くて大変

クリニックは大病院のように多くの看護師が在籍していません。少ないスタッフで業務を回す必要があるため、一人の看護師が多くの仕事をしなければならないのです。

看護師が本来する業務(問診や採血、点滴、検査準備、服薬指導など)以外にもクリニック内の掃除や電話受け付け、薬品の在庫管理、医薬品の発注、外来者対応、院長の送迎など雑用が多くあり大変です。

クリニック看護師は休みにくくて大変

クリニックは看護師の数が限られるため、看護師が一人休むと業務がまわらず大変なことになります。かわりに勤務してくれる看護師がいないので、多少の体調不良でも無理して勤務するクリニック看護師もいるほどです。

お子さんが小さくお子さんの体調によって休むことがあるママ看護師は、できるだけスタッフの多い大規模クリニックを狙うのがポイント。

クリニック看護師は患者のクレーム処理が大変

「クリニック事務員の愛想が悪い」「計算間違いがあった」など看護師の仕事とは直接関係ないクレームにも、丁寧に対応しなければならないのがクリニック看護師の仕事です。

地域密型クリニックは患者の評判がなによりも重要なので、クレームにも真摯に対応しなければならず大変。いい加減な対応をするとクリニックの評判が落ちてしまいます。

クリニック看護師は福利厚生が少なくて大変

従業員が5名以下の小さなクリニックでは厚生年金や国民健康保険に加入できません。法定福利の弱い職場では、将来もらえる年金額が少なくなってしまい大変です。

福利厚生のしっかりしたクリニックを選ばないと看護師が高齢になってから思うような年金額がもらえず、生活に苦労することになります。

まとめ

クリニックは小規模であるため、数少ないスタッフである看護師にはより多くの役割が期待されています。一人の看護師にかかる負担が大きく大変な職場環境ですので、働きやすいクリニックを見極める目が必要です。

ナース人材バンクで働きやすいクリニックを見つける

長年クリニックに勤めた看護師に教えたい退職金の実態

ひとつのクリニックに10年・20年と長期間勤務した場合、退職時に退職金が支給される、されないでは大きな違いがあります。看護師によっては退職時に数十~数百万円もの違いがでてくるのです。

意外とバカにならない退職金、あなたは意識していますか?ここではクリニックの退職金についてご説明しています。

クリニックの退職金制度は義務ではありません

クリニックに長期間勤務したからといって、必ず看護師に退職金が支給されるわけではありません。退職金は義務ではないため、各クリニックによって支給される退職金の金額に差があります。

なかには退職金が一切支給されないクリニックがあるのも事実。将来退職金がもらえるかどうかは、入職時にチェックする労働契約書をチェックするしかありません。

クリニック看護師の退職金って具体的にいくら?

クリニックによって退職金には差があります。5年勤務して5万円の退職金だった看護師、10年勤務して100万円の退職金がもらえた看護師など、退職金の支給額は各クリニックでバラバラです。

クリニックが退職金組合に加入していれば退職金は確実に支払われますが、その金額に関しては各組合の基準があり全国的に統一されていません。退職金額は幅があるものだと理解しておくべきです。

退職金が欲しいならクリニック入職時の確認が重要

クリニック退職時に退職金がでるかどうかは、きちんと書類で確認すべきです。それができないときは面接時に退職金の有無を確認し、支給要件もチェック。

退職金支給には看護師が3年以上働くなどの条件があるため、入職時に退職金の規定を確認しておくと安心ですね。

退職金の出るクリニックは看護師にとって良心的?

退職金規定をつくりスタッフにしっかりと退職金を支払うことは、クリニックにとってプラスにはなりません。なぜなら退職金は支払い義務がなく退職金規定をつくること自体も煩雑だからです。

それにも関わらず退職金規定をつくり退職後のスタッフのことを考えているクリニックは、かなり良心的であると言えます。福利厚生に力を入れるクリニックは看護師の離職率も低めで働きやすいのです。

ナース人材バンクで長く働けるクリニックの求人を見つける

まとめ

たかが退職金、されど退職金。クリニックの福利厚生レベルは退職金制度があるかどうかである程度見極めることができます。看護師が長く働けるクリニックは、退職金制度の有無にもあらわれているんですね。

クリニックで働く看護師は厚生年金入れますか?

クリニック勤務であっても厚生年金には入れます。全従業員を厚生年金へ加入させることが法律で決められていますが、パート勤務の看護師は条件があります。

ここではクリニック勤務と高齢年金などの福利厚生との関係をご紹介しています。クリニックの厚生年金について知りたい方はどうぞ。

厚生年金は法定福利だからクリニック看護師も加入できる

看護師の福利厚生には2種類あります。まずは厚生年金や健康保険、雇用保険労災保険など加入が義務付けられた法定福利。そして住宅手当や扶養手当、レクリエーション、独身寮、院内保育所など事業所ごとに決めた福利厚生である法定外福利の2種類となります。

クリニックの場合、法定福利だけではなく法定外福利まで充実した医療機関は少なく、重視されるのは法定福利となります。

厚生年金に加入していないクリニックがある?

法定福利の場合、すべてのクリニックが加入していると思いがちですが落とし穴があります。じつは従業員5人以下の小規模クリニックでは厚生年金への加入義務はなく、従業員は自分で国民年金国民年金に加入することになります。

ところがこれでは将来の年金受給額が少なくなってしまうため、従業員の同意のもとで任意適用事業所として社会保険に加入することができるのです。

厚生年金の掛け金でクリニックと揉める例

従業員が常時5人以上いるクリニックでは法定福利があり、厚生年金にも加入しています。厚生年金や保険料は看護師とクリニック側で折半するものですが、クリニックによっては全額看護師に負担させている悪質なケースもあるのです。

「基本給にあらかじめ負担分を上乗せしている」という言い訳をすることもあるようですが、このようなクリニックでは信用できませんね。入職時に社会保険のことも聞いておくのがポイントです。

福利厚生が手厚いクリニックは看護師のプラスに

若い頃はあまり深く考えていなかった福利厚生や厚生年金も、リタイア後には年金という形でかえってきます。

福利厚生の手厚いクリニックは老後に看護師の生活を支えてくれるもの。手取額よりも福利厚生のしっかりしたクリニックを選ぶ方が将来のためになります。

まとめ

クリニック看護師の福利厚生は、まず法定福利がしっかりしているかどうかで判断。厚生年金に加入できていないクリニックは将来に不安もあります。クリニックに転職するときは福利厚生もチェック!

福利厚生のしっかりしたクリニックを探すならナース人材バンク