日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

新人看護師におすすめの求人情報

f:id:baitoclub:20161003183834j:plain

新人看護師でも転職したくなる時があります。しかし、新人看護師ゆえに面接で落とされてしまったり、意欲があっても受け入れてくれる医療施設がないということもあります。そんな新人看護師さんへおすすめの転職の仕方を紹介しています。

新人看護師の転職は実に難しい

新人看護師は積み上げた実績や臨床経験などの点で、中堅・ベテラン看護師にくらべて不利です。そのためスキルの高い看護師が面接にやってくると、どうしても不採用になってしまうデメリットがあります。

新人看護師は臨床現場での経験がすくなく、即戦力となりにくいのも不利な点です。とくに少数精鋭のクリニックでは無駄な看護師を雇用できません。入職後すぐに採血や点滴、診察介助、カルテ整理などの業務をこなさなければなりません。新人看護師にはかなりハードルが高いのです。

nursebank.hatenablog.jp

新人看護師におすすめの転職先

f:id:baitoclub:20160929175308j:plain

新人看護師が一番先に考えなければならないのは「何となく楽そう」な職場に転職するのではなく、教育体制のととのった病院で働くことです。夜勤のないクリニックや介護施設は肉体的には楽ですが、一人で看護から雑用、掃除、場合によっては介護補助などこなさなければならないので、高いスキルと柔軟性が必要なのです。

新人看護師におすすめなのが、教育体制のしっかりした病院やクリニックです。まずは先輩看護師の指導を受け臨床の現場でしっかり経験をつみ、一人前の看護師になることでスキルアップやステップアップが可能になります。教育体制のしっかりした病院・クリニックを選びましょう。

クリニックの新卒看護師求人に応募する前に!

クリニックの場合、病院の規模が小さいことから看護師や受付スタッフの数が少なめです。看護師には高い看護スキルが求められます。クリニック求人に応募する前に、仕事の内容やスタッフの数などをしっかり確認する方が無難です。看護師の数が少ないと忙しすぎて教育まで手が回りません。

nursebank.hatenablog.jp

第二新卒看護師の求人を効率よくみつけるには?

f:id:baitoclub:20161003184001j:plain

第二新卒看護師を積極的に採用している病院もあります。第二新卒になってしまう事情を汲みとり、残業時間を少なめにしたり仕事に慣れるまでは新人看護師を夜勤に入れない、先輩看護師の指導やフォローが手厚いという特徴があります。第二新卒看護師の定着率が高い病院なら、まず間違いありません。

ここで問題になるのが「定着率」です。看護師の定着率は一般に公開されていませんが、看護師転職支援サイトの担当者は把握しています。第二新卒看護師が働きやすい病院情報は看護師転職支援サイトまでお問い合わせを。

nursebank.hatenablog.jp

まとめ

f:id:baitoclub:20160721113600j:plain

第二新卒看護師が安心して働ける求人情報は、転職のプロである看護師転職支援サイトの担当者へ問い合わせてみましょう。条件に合った求人情報を教えてもらえるうえに、面接対策や事務連絡など細かいフォローで転職を成功に導きます。