日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

ハローワークの看護師求人の特徴を分析してみた

転職先を見つけたいとき、真っ先に思いうかぶのはハローワークではないでしょうか?私たちの身近にあり、今はネットで看護師求人を探すこともできるようになりました。

そんなハローワークに掲載されている看護師求人の特徴を分析!これからハローワークで看護師求人を探したい方、必見です。

ハローワーク求人は求人内容が実態と合っていないことも

ハローワークで一般に公開されている求人内容が、実態とかみ合っていないという指摘があります。ハローワークには全産業の求人が一気に集まってくるため、職員が1件1件丁寧に実態調査をすることはなく、企業から提出された求人を公開しているだけ。

悪意のある事業所がわざと優良求人を装って人材をあつめていても、チェックできないのです。

いつも同じ看護師求人が出ている

ハローワークでは、長期間同じ求人が出されていることもハローワークの場合、求人募集に費用は一切かかりませんので、経済的に苦しい病院でもつねに求人が出せます。

離職率が高いと看護師が定着しないため、つねに求人を出し続けることに。ずっと求人が出ている病院はブラック病院かも。しっかりと調査する必要がありそうです。

ブラック病院も無料で求人を掲載できる

看護師が定着しないブラック病院であっても、ハローワークは事前調査をおこないません。事業所の評判や離職率などの情報を一切もっていないので「この事業所は掲載するには不適切」との判断ができないのです。

またハローワークは公的な機関なので利用料は無料。無料で長期間求人が出せるハローワークには、ブラック求人が紛れている可能性があります。

ハローワーク職員が各職場の内情を把握していない

ハローワークの職員は看護師業界に精通しているわけではありません。なかには非正規職員(バイトやパート)もいるので、求人案内はできても個々の求人の質まで把握できていません。

運よくベテラン職員に当たればいいのですが、誰がベテラン職員かは外見で判断できません。またベテラン職員であっても各求人の細かい内情まではわからないのです。

看護師求人の数がすくないケースも

ハローワークに行けば豊富な看護師求人がある、と考えがちですが、時期や地域によっては看護師求人が思ったより少ないことも。

「この病院が気になる」と思う医療機関があっても、その病院が求人を出していなければ応募することもできません。

求人情報には看護師の離職率情報は一切掲載されていない

ハローワークの求人票には、看護師の離職率や病院の評判などは一切書かれていません。「離職率10%未満の優良求人」「新人が2年以内に半分やめてしまう新人が定着しない病院」など、一番知りたい情報が掲載されていないのが困ったところです。

人間関係や職場の実態は求人情報からはわからない

ハローワーク求人の場合、求人票に職場の人間関係や雰囲気、働きやすさなどの項目はありません。長く働ける病院を探すには、求人票の情報だけではなく独自に病院の評判などを調べなければなりません。

応募したらすでに募集が終わっていた

必要な人材が揃い求人の必要性がなくなっても、掲載期限まで求人が掲載されることがあります。病院側の連絡忘れが原因です。ハローワークで応募する際には「その求人がまだ有効であるかどうか」を必ず確認してもらうようにしましょう。

ハローワークより転職サイトの方がスムーズに転職できる

1位 
f:id:baitoclub:20170511163727g:plain

求人数が多く、ハローワークでは見つからない非公開求人も多数。担当者が親身になって転職先を探してくれるので利用者満足度が高いです。年間10万人以上の看護師が利用しています。>>詳細は公式サイトへ

2位 
f:id:baitoclub:20170511163800g:plain

マイナビ看護師は求人の質が良い事で有名です。キャリアコンサルタントの質も高く、常に病院やクリニックに足を運び最新の情報を確認してくれています。詳細情報を教えてくれるので、雰囲気などもしっかり知る事が出来ます。>>詳細は公式サイトへ

3位 
f:id:baitoclub:20170511163818g:plain
ナースパワーは全国で一番初めに厚生労働大臣に認可を受けた看護師転職サイトです。求人数が多く、ノウハウも持っています。また、社内でレベルアップ研修も実施されていますので、外れの担当者に当たる事がまずありません。>>詳細は公式サイトへ

まとめ

ハローワークの看護師求人は、求人票の内容と病院実態とが合わないことも。面接時に求人票の内容を確認し、入職後の条件をメモに書いて残すくらいの慎重さで臨みましょう。