日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

「この患者モンスターペイシェントかも!」がわかるモンペの言葉フラグ

モンスターペイシェントには、お金を巻き上げるつもりで難癖をつけているケースと、自分の気持ちが十分理解されないことによる苛立ちを表現しているケースの2パターンがあります。

それぞれのモンペが使う言葉についてみてみましょう。これら言葉を聞いたらモンスター患者であると疑ってください。

モンペにありがちな言葉はこれだ!

モンペが良く言うことは「あの看護師の態度が気に食わない」「受付がそっけない、もっと愛想よくしろ」などスタッフに対するクレームです。これが全体の約7割と言われています。

ほかにも「(不要な)薬の処方箋をだせ」「治療費は払わない(払えない)」「待ち時間が長すぎる、俺を優先して診察しろ」「裁判で訴えてやる」などの言葉もありがちです。

「俺は」「私が」と自分を中心に話しをする

モンスターペイシェントはとにかく自己中心的です。主語はいつの間にか「俺が・俺を・俺に」と自分中心の話し方になっています。とくにスタッフと揉めるなど逆上し始めるとこの傾向が強くなります。

「俺に謝れ」「俺を優先しろ」「俺の気持ちを察しろ」「俺が我慢してやっているんだ」など自己中心的な物言いをする患者は、まずまちがいなくモンペです。

「ヤクザ」「医師会」「厚生労働省」など医療スタッフに圧力をかける言葉を多用

モンペは権力を笠に威張る、または医療スタッフに圧力をかけることがあります。そのため「医師会」「厚生労働省」「ヤクザ」「県知事」など社会的な権力や実力をもった団体、組織、反社会的勢力の名前を口にする傾向です。

医療スタッフに圧力をかけるような言葉を多用しはじめたら、モンペであると疑ってください。実際にこれらの方々とどれくらい親しいのかは分かりません。

「お前が悪い」「お前のせい」と責任を押し付ける

何かトラブルが起きたとき看護師や医師に「お前のせいだ!お前が悪い!」と責任をなすりつけているときは、モンペである可能性が高いと思われます。感情的に怒鳴るような事態は相当深刻なはずです。

その原因が命に関わることのない些細なものであった場合、モンペである可能性が高くなります。さらに土下座や慰謝料を請求するようなら間違いなくモンペです。

「患者は様付けで呼べ」「院長を呼んでこい」など態度が威圧的

「私は患者様だから、医師や看護師をアゴで使っていい」そんな思いあがりの感情がある患者は、とにかく高圧的です。自分を、どこかの国の王様や女王と勘違いしているような言動が目につくときはモンペである可能性が高くなります。

「この看護師が気に入らない!看護師長を呼んで来い」「佐藤様と呼びなさい」など上から目線で医療スタッフに命令しているときは100%モンペです。

「裁判」「訴える」「弁護士」など法廷で争う気があることを見せる

なにか気にくわないことがあると、すぐに「出るところに出てもいいんだぞ」「弁護士と相談する」「この病院を訴える」など、法廷で争う気満々であることを告げる患者はモンペです。

命に関わる重大医療ミスであるならとにかく、診察の順番を後回しにした、予約日を病院が間違えていたなど些細なことで激高しているようならモンペで間違いありません。

「医師に殺される」「この病院は信用ならない」と周囲の患者が不安になる言葉を連発

採血を1度失敗しただけで「この病院は怖い!殺される」と大げさに騒ぐようならモンペ確定です。ほかの患者の迷惑になる行為を平気でするのが「モンペ」なのですから。 

nursebank.hatenablog.jp

まとめ

思い当たる患者さんはいますか?モンスターペイシェントは本当嫌な患者です。