読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

新卒看護師はクリニック勤務をやめた方がいい

クリニックは少ない医療スタッフで運営しているため、入職した当日から問診、受診介助、注射や点滴などの医療処置をおこないます。

経験の少ない新卒看護師がクリニックに入職すると即戦力にならず、足手まといになってしまうケースもあるんです。ここでは新卒看護師が、クリニック勤務を避けた方が良い理由を説明しています。

クリニックでは看護師のスキルが試される

クリニックで働く看護師の数は大病院ほど多くありません。1人体制のクリニックもあるほどです。看護師がたった1人、または数人でクリニックの業務をこなすためには、足手まといになるような看護師は正直必要ありません。

クリニックに入職したその日から、採血や点滴、検査器具の取り扱い、診療介助などフルに働かなければならないのです。臨床経験のない新卒看護師は覚悟が必要だと思います。

クリニックでは看護師の仕事が多い

クリニックには看護師の数が少ないため、看護師ひとりにかかる仕事が多くなります。大病院のように分業されていません。

看護師一人で問診・診療介助・採血・点滴・服薬指導・カルテ管理などすべての看護業務を背負わなければならないのです。新卒で右も左もわからない看護師は、まずは新人教育のしっかりしたクリニックを選ぶべきです。

クリニック看護師は専門的な仕事しかできない

クリニックでも単科の場合、内科や眼科、皮膚科など決められた範囲の仕事しかできません。眼科では特殊な検査機器の取り扱いスキルが必要ですが、それ以外の診療科目では心電図を読むことや皮膚の状態を確認することが要求されます。

単科クリニックは専門分野に特化した仕事しかできないため、幅広い業務をおこなうことは困難です。新卒看護師のうちに専門分野の看護師になると、将来の選択が狭まってしまいます。

新卒看護師は教育体制のととのったクリニックを選ぶ

新卒看護師がどうしてもクリニックで働きたいのなら、教育体制のしっかりしたクリニックを選ぶことが重要です。いきなりクリニックで一人仕事をするのではなく、一定期間は先輩看護師が指導をしてくれると安心できます。

教育のしっかりしたクリニック情報は、看護師求人サイトで収集するとスムーズです。⇒ ナース人材バンクなら教育体制の整った求人情報が収集できる

まとめ

新卒看護師は臨床経験がゼロなので、いきなり即戦力としてクリニックで働くことはむずかしいもの。新卒看護師の場合、まずは仕事を確実に覚えるために入職するクリニックをじっくり選ぶことが重要です。教育体制の充実したクリニックでまずは実力アップを。