読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

クリニックで採用してもらえる看護師は経験年数何年からですか?

クリニックに転職・入職を希望するとき、気になるのは経験年数です。とくに臨床経験の少ない看護師の場合は気になりますね。

ここではクリニックに入職・転職したい看護師に、一体どれだけの経験年数があればいいのかを調査しています。これからクリニック勤務を希望されている方はご参考にしてください。

クリニック看護師になるのに経験年数じつは関係ない

クリニック看護師になるために、どれだけの経験年数が必要なのでしょうか?じつはこの経験年数には法的な規定は一切ありません。新卒の看護師がいきなりクリニックに入職したとしても、まったく問題はないのです。

もちろんクリニック側が受け入れてくれるという条件がつきますので、入職前に経験年数が必要なのかどうか、しっかりチェックしておくのがポイント。

ある程度の経験年数を要求するクリニックもあり

クリニックのなかには、看護師にある程度の経験年数を要求する医療機関もあります。美容外科クリニックのうち外科手術の介助をおこなう看護師は手術室勤務経験のある看護師がかなり優遇されていますし、循環器科の看護師は12誘導の心電図を読む力がもとめられます。

いきなり臨床経験のない新人看護師にまかせることはできませんので、ある程度の経験をもつ看護師を要求するクリニックもあるのです。

医療機関で3~5年勤務すれば看護師の経験年数として考慮される

医療機関で3~5年程度勤務すれば看護師としての基本的な臨床経験ができていると判断されるため、クリニックへの転職も有利になります。

なかには同じ職場で20年、30年勤務してきた看護師がクリニック勤務を希望するケースがありますが、こうなるとクリニックの看護方針や勤務形態についていけるのかと不安視されるケースもあります。勤務経験5年前後がクリニックへの転職がしやすいタイミングです。

看護師は経験年数よりもクリニックの教育体制を重視

たとえ経験年数は少なくても、素直にクリニックのやり方や知識、看護技術を吸収してくれる看護師は歓迎されます。看護師側も今後のスキルアップを考え、教育方針のととのったクリニックを選ぶと安心です。教育体制の整備されたクリニックは見た目ではわからないため、クリニックの内情に詳しい看護師求人サイトを利用すると便利です。⇒ クリニックの内情に詳しいのはナース人材バンク

まとめ

クリニックに入職するにあたって看護師の経験年数には法的な決まりはないものの、ある程度の臨床経験を積む方が転職には有利。スムーズなクリニック転職のためには、基礎的な臨床経験を経ることが重要です。