読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

クリニックで働く看護師の年収が病院より高いわけがない理由

病院からクリニックに転職する際にちょっと嫌なのが、年収が下がることですよね。クリニックでも病院より高い年収がもらえるという記事もありますが、それは現実離れしている事実だと思います。

ここでは、クリニックの看護師の平均年収と年収の高いクリニックの特徴、給料が安いクリニックの特徴をまとめました。クリニックへ転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

病院からクリニックに転職すると年収が○○円ダウンする

病院からクリニックに転職すると年収が大きくさがります。看護師は比較的高い収入がもらえる職業だと言われていますが、じつは夜勤手当や交代勤務手当など手当が加算されているから高収入につながっているのです。

夜勤がなく各種手当が加算されないクリニックでは、収入がさがって当然。勤務先クリニックによっては、夜勤ありの病院よりも約100~200万円も年収がさがってしまうのです。

nursebank.hatenablog.jp

そもそも、病院からクリニックへ転職する人は年収よりも優先させたい条件があるのでは?

夜勤や交代勤務のないクリニックは年収面を考えるとかなり不利。ただ収入が減るかわりに夜勤や交代勤務がないため、お子さんが小さくて夜間は家をあけられないママ看護師や介護と仕事を両立させたい看護師にとって、クリニックは働きやすい職場です。

年収よりも大事なものがあるなら、それを優先させるのが良いのです。将来夜勤のある病院へ復帰することも十分可能なのですから。

でも、働き方や働くクリニックの経営状況によって、病院勤務の年収と同じ位の年収は狙える

これは本当のことです。ただしどんなクリニックでも高収入につながるわけではありません。

病院看護師の年収よりも高い収入が得られるクリニックの特徴・条件としては、営業ノルマがあるところや専門的な知識が必要なところ、経験年数が長いことなどです。

営業ノルマのあるクリニックは看護師に営業マンとしての才覚が必要なので簡単ではありませんが、高収入が狙えるクリニックは確実にあります。

一般的に言われている年収が高いクリニックの診療科

一般的に年収が高いクリニックの診療科は、美容外科やレーシック眼科、人工透析クリニック、また助産師の資格があれば産婦人科などです。

ただ営業ノルマを達成できなければ高年収につながらないクリニックもあるため、入職前に給与の実態をチェックしたいですね。看護師求人サイトならクリニックの実態を知ることができます。

まとめ

クリニックは有床の病院よりも看護師年収がさがってしまいますが、その分自由な時間が増える、土日など決まった日が休めるなどメリットもあります。年収と働きやすさを考えて入職先を選ぶと良いですね。