日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

【モンスターペイシェント】看護師が精神的に疲れ果てる相手…

f:id:baitoclub:20170126160003j:plain

モンスターペイシェントという言葉を聞いたことありますか?医療現場や医療従事者に対して、モンスター(怪物のよう)になり、暴力的表現や理不尽なことを要求する行為を繰り返し行う、いわゆる困った患者さんのことです。近年、このモンスターペイシェントは増加しており、勤務先にモンスターペイシェントが現れると、精神的に疲れ果てて、退職・転職をする看護師が増えています。そんな、モンスターペイシェントですが、対処法を知った上で接すると収まるケースもあるので、今回はモンスターペイシェントの特徴や対処法、攻略を紹介します。

モンスターペイシェントの特徴

f:id:baitoclub:20170126155611j:plain

  • 大きな声を出す
  • 暴言や暴力(性的なものを含む)
  • 脅迫まがいの事を言う
  • 殺すぞ、刺すぞなどの脅迫
  • 業務妨害
  • 包丁を持参してくる
  • 無理な要求を繰り返す
  • ハードなクレーム
  • 横暴な態度

上記が主な特徴です。医療関係の仕事や看護師さんは、モンスターペイシェントに接した時に、ちょっとした違和感を感じる方もいるのではないでしょうか?しかし、接する前に判断するのは難しいので注意が必要です。とくに、看護師は女性が多く患者さんよりも下の立場に見られがちなので、ターゲットにされやすい傾向があります。次に対処法を紹介します。

モンスターペイシェントの対処法

f:id:baitoclub:20161031183513j:plain

もしも、あなたがモンスターペイシェントに出会ってしまったらどのように対処したらいいのでしょうか?ヤバい!と思った時には、すでに怒鳴られていると想定します。落ち着いて、それぞれのケースに合わせて対処していきましょう。

【ケース1】大声を出して脅迫をしてきた場合

f:id:baitoclub:20170126161014j:plain

「殺すぞ!」「暴力団だぞ!」「刺し殺すぞ!」など、脅してきた場合は、「落ち着いて下さい」「まずは、話をしましょう」なんて言ったところで、落ち着いて話をする相手ではありません。なので、その場から離れてすぐに上司へ報告して対応してもらいましょう。

【ケース2】無理な要求とハードなクレームの場合

「診察しないで薬を出せ」など、無理な要求をしてくる患者さんや「なんだその言い方は!謝れ、土下座しろ!」など、ハードなクレームを言う患者さん。このような場合でも「少々お待ちください、上司に相談します」と言い、速やかにその場を離れてすぐに上司に報告をし、対応をお願いしましょう。

【ケース3】刃物を持っている、襲い掛かってくる場合

f:id:baitoclub:20170126160852j:plain

すぐに逃げて、警察を呼びましょう。他の患者さんに危害が加わらないように注意が必要です、迅速な対応が必要です。

【ケース4】とにかく叫んで暴れる場合

こういった場合も、冷静に話をできる状態ではないので、速やかに上司へ報告をして対処をお願いしましょう。

一人で立ち向かう勇気はいらない、謝らない

f:id:baitoclub:20170110095023j:plain

看護師に限らず、誰でもそうだと思いますが、突然に怒鳴られたり、襲い掛かってくると、謝罪してしまったり、どうにかしなくちゃと一人で対応してしまいます。これは大変危険なので、すぐに師長や自分より立場が上の人を呼びに行くなどして、一人での謝罪や対応は止めましょう。モンスターペイシェントの場合、とにかく謝らせようとする方もいます。謝罪したからといって、収まるケースは少なく、エスカレートする危険性があるので、むやみに謝ってしまうことや一人で立ち向かうことは断じて止めましょう。

モンスターペイシェントに遭遇!看護師の気持ちは?

実際に、モンスターペイシェントに遭遇した看護師の感情はどのようなものだったのでしょうか。以下にまとめました。

  • 恐怖
  • 腹が立つ
  • 悲しい
  • 衝撃的
  • 辛い
  • 辞めたい
  • 消え去りたい

モンスターペイシェントに遭遇した看護師は、嫌な感情だけが残ります。そして、精神的に疲れ果て、退職してしまうこともあります。そうなる前に、自分へのケアが必要です。

モンスターペイシェントに遭遇した後にすること

f:id:baitoclub:20170126160816j:plain

まずは、師長や上司へ報告します。そして、自分の感情を整理することが必要です。師長でも院内のカウンセラーでも構いません、話を聞いてもらいましょう。そうすることによって、ストレスの発散になり、また頑張れる看護師さんもいるのです。しかし、もう無理かも…となるようでしたら、まずは転職を考えましょう。違う医療機関へ転職をして、忘れることができたケースもあります。

モンスターペイシェントに遭遇した時のまとめ

  • 速やかに上司へ報告する
  • 一人で対応しない
  • 謝らない
  • 警察への連絡に悩まない
  • 心のケアをする
  • 転職する

このように、対処法をわかっていれば突発的な出来事に対しても、慌てることなく落ち着いて対処できます。もう、この病院で働きたくないという気持ちが大きくなってしうようなら、転職を視野に入れることも大事です。上司や先輩看護師に相談してからでも良いですが、それでも恐怖が残るようなら転職しましょう。モンスターから逃げるのではなく、自分を守るために転職をするので、悪い事ではありません。突然、怒り出すモンスターペイシェント5~10分程度で静まるケースもありますし、立場が上だとわかると静まるケースもあるようです。患者さんに対してのコミュニケーション不足という声もあるので、一概にこうしたら良い!ということはありません。普段から現場を見ている看護師ならではの対処方法もあるかと思います。しかし、恐怖を感じた場合はすぐに対処する必要があることを忘れないで下さい。