読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

40代で学校卒業した新人看護師の悩み

新人看護師

40代になるとガクッと体力の衰えを感じやすくなる時期です。40代で新人看護師として働く場合、まずは「無理をしない」ということ。そして新人看護師をしっかり育成してくれる病院でみっちり基礎力を磨くことです。新人教育のしっかりした病院で3年ほど修行して、その後で進路を考えるといいでしょう。

小さい病院は働きやすいという幻想

あまりキャリアのない40代の新人看護師が、就職先としていきなりクリニックを選ぶのは「ちょっと待った!」確かにクリニックはアットホームで働きやすい環境かもしれません。でも看護師の数にはあまり余裕がないうでに即戦力を要求されます。だからいきなり入職後に点滴や採血などを要求されることもあるのです。先輩看護師が横にいて指導してくれるならまだしも、人員に余裕がないと一人で採血……なんてことも。泣きたくなってきます。

新人看護師をじっくり育成してくれる病院へ、まずは就職

「大きな病院は働きにくい」という固定観念はあるかもしれませんが、10代であれ20代であれ、もちろん40代であれ、新人看護師はまず「きちんと新人教育を受けるべき」でしょう。今は新人看護師を育成する法律もあり、その法律をしっかりと遵守する病院もあります。新人教育に熱心な病院なら、先輩看護師の指導のもとで無理なく仕事ができます。まずは臨床の基礎を教えてくれる病院で働くことが肝心です。

看護師としてある程度自信がついたなら

基礎を教えてくれる病院で勉強し、看護師としての自信がついたのであれば次のステップを考えればいいのです。老人看護に興味があれば介護施設へ、透析に興味があれば透析看護師へ、急性期医療に興味があれば急性期病棟へとステップアップできます。

40代だと体力面が心配です……どこまで頑張れるのでしょうか?

40代になると体力が落ちてしまうのを実感する方も増えます。無理をすると自身の健康にひびくことも……。無理は禁物です。夜勤が大変なら日勤のみの職場もありますし、パートやアルバイトで午前中だけの勤務をしている方もいます。体力は個人差のあるもの。「あの人が夜勤をして頑張っているのだから私にもできる」という保証はありません。体力に自信がないのなら無理をせず、それに合わせた働き方をしましょう。

40代新人看護師――仕事中の注意点

入職するとどうしても、周囲は若い看護師が多くなると思います。20代、30代の看護師に指導を受けなければなりません。そんなとき、年下と言えども先輩は先輩。先輩看護師には敬語をつかい、先輩をたてる配慮が必要です。「年下から命令されたくない」と反抗心をむき出しにしないことも大事です。人間関係がギスギスしないように一歩下がった立場で先輩を接するのがコツです。

まとめ

40代で看護師の仕事を始めることにはかなりの苦労があります。けれど苦労を乗り越え、看護師としてのスキルと自信が備われば怖いモノなしです。そのためには一から指導してくれる先輩や職場環境が必要です。そのような環境を見極めていきましょう。