日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

看護師の定着率が悪い病院は「看護師の年齢が偏ってる」って本当?

看護師の定着率は入職する前にぜひともチェックしておきたい項目。でも一般に公表されていないので、優良職場かどうかの判別ができないことも……。そんなとき、簡単にチェックできる方法があるんです。病院見学で看護師の年齢層をチェック!ベテラン看護師「しか」いない職場、若い看護師「しか」いない職場は要注意ですよ。

そんなつもりはなくても「新人いじめ」が横行する職場もあり

とくに新人をいじめているつもりはないのに、新人が定着しない病院があります。ある程度仕事に精通した中堅看護師やベテラン看護師がいる職場は「新人に任せるよりも、自分たちで仕事をした方がうまく回る」と新人を育てることに頓着がなく、新人を放置してしまうことも。そんな職場では新人がうまく育たず、結果的に中堅・ベテラン看護師ばかりに……。新人いじめをしなくても、新人をきちんと教育、指導できない職場では新人は定着しません。

ブランク有り看護師も定着しない要因に

新人がまともに育たない職場では、ブランク有りの看護師もうまく育ちません。新人をきちんと教育できる病院なら、ブランク有りの看護師もきちんと指導できます。けれどベテラン看護師だけで仕事をまわしている職場では、ブランク有りの看護師は新人看護師同様「邪魔者あつかい」されることも。仕事の指導をしてくれない、邪魔者あつかいされる職場には居づらくなり、やがて新人やブランク有り看護師は職場を離れていくことに……。

ベテラン看護師が極端に少ない職場も要注意!

ではベテラン看護師(年配の看護師)が極端に少ない職場なら大丈夫なのでしょうか?すべての病院がそうだとは言い切れませんが、高齢の看護師は昇給しておりある程度の給与が支給されています。その人件費をカットしようと、ベテラン看護師のリストラが行われている病院もあります。ベテランになるとリストラされる――そんな病院では長く働くことは不可能ではないでしょうか?若い看護師ばかりの職場が必ずしもいい、とは言えないかもしれません。

看護師の年齢層は必ずチェックしましょう

入職したい職場があれば、できるだけ職場見学をして看護師の表情や行動、服装、職場の雰囲気、そして看護師の年齢層をチェックしましょう。すこしでも「おかしいな」と思ったら、入職には慎重になることです。「ここなら大丈夫」と納得できる職場を選びましょう。

看護師求人サイトを上手に利用しましょう

病院の雰囲気や人間関係は、病院見学をしただけではわからないこともあります。雰囲気は良さそうでも「実は3ヶ月前に、看護師が集団退職した」「人間関係がギスギスしているので辞める看護師が多い」という内部情報はなかなか手にはいりません。そんな情報を手にいれたいなら看護師求人サイトを利用しましょう。求人票ではわからない人間関係や離職率などの情報を提供してくれます。

まとめ

看護師が働きやすく、長く勤務できる職場は看護師の表情も明るいものです。また人員に余裕があるので、看護師が過労でフラフラしていることもありません。看護師の年齢にバラつきがあり、若い人からベテランまで幅広く活躍している職場ならまずは大丈夫です。