読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

【産業医科大学病院】点滴袋穴あき事件再発!

f:id:baitoclub:20161121125110g:plain

10月20日に、産業医科大学病院で起きた、点滴袋に穴が開いていたという事件。

犯人が捕まらない中、またしても点滴袋に穴が開いているという穴あき事件が起きてしまった。

「再発防止に全力尽くしてきたが…」「捜査に全面協力する」 点滴袋にまた穴の産業医大病院がコメント - 産経WEST

同じナースステーションで穴開き点滴袋 福岡県警が捜査 北九州市の産業医大病院 - 産経WEST

産業医科大病院、また点滴袋に穴 監視カメラは作動せず:朝日新聞デジタル

産業医大病院、また点滴に穴=未使用1袋、器物損壊で捜査-北九州:時事ドットコム

産業医大病院の点滴袋に穴 10月にも、福岡県警が捜査 - BIGLOBEニュース

しかも、また9階の病棟で…。

前回の点滴袋穴あき事件を知らない方は、下記の過去記事から復習しといて下さい。

nursebank.hatenablog.jp

11月20日の事件

11月20日午後1時半頃、病院の職員より福岡県警に通報があり事件が発覚しました。

通報前の11時半頃、地下にある保管庫より鍵付きのカートに点滴袋を入れて9階へ移動しました。

9階に移動してから約1時間後、女性看護師が翌日患者さんへ投与する前に安全確認をしていたところ、穴が開いていることに気付き通報したとのこと。

穴の大きさは?

10月20日の時よりも小さめの穴だった。

【鍵付きカート】鍵の管理をしていたのは誰?

男性看護師が鍵の管理をしていて、「自分で鍵を持っていた。誰にも渡していない」と言っているらしい。

すぐに犯人が捕まらない理由

10月に起きた点滴袋穴あき事件同様、またも穴あき事件が起きましたが、犯人はなぜ捕まらないのでしょうか?

防犯カメラ

10月の事件後、ナースステーションないに防犯カメラが設置されました。

何か事件が起これば録画されているので、今回はすぐに犯人が捕まると思っていましたが、、、

11月20日午前7時頃から保安業務のために防犯カメラが停止状態だったそうで、犯行時刻だと思われる時間帯もカメラに録画されることはなかった。

犯人は、恐らく防犯カメラが停止している時間を狙って犯行を行ったのではないでしょうか?

【防犯カメラ停止中】知っていたのは内部関係者!?

防犯カメラが停止中ということをホームページでお知らせするような病院はありませんよね?

具合が悪くて、来院した患者さんへ、「今日は防犯カメラが停止中なんです。」なんてこともわざわざ伝えませんよね?

ということは、防犯カメラが停止中だということを知っていた内部関係者の中に犯人がいる可能性が高いと思います。

そして、カメラが停止中に犯行を行ったのであれば、内部関係者に疑いの目が向くのは自然です。

再発防止に全力を尽くしたみたいですが…【まとめ】

産業医科大学病院のホームページに「点滴バッグに穴があいていたことが判明したことのご報告とお詫び」というのがお知らせ記事の中にありました。

産業医科大学|点滴バッグに穴が開いていたことが判明したことのご報告とお詫び産業医科大学病院HPより】

しかし、前回同様の事件が再発するというのは、信じられないことであり、現在入院されている患者さんは不安でたまらないと思います。

今の管理体制のままでは、事件が解決するどころかまた起きてしまうのではないでしょうか?

10月の事件後にも、薬品の管理体制を見直すということや、教育指導を一層強化してまいるとのお詫び文がありました。

産業医科大学|大学病院における向精神薬 消失等の件のご報告とお詫び産業医科大学病院HPより】

どこを見直したのか?管理体制に変化があったのか?まだ1ヵ月しか経っていないのにというのもありますが、そもそも事件が再発するなんて、考えられません。

管理体制・教育の甘さが気になります。

今回も患者さんへの影響がないとのことですが、影響があってからでは遅いということをわかっていないのでしょうか?

とにかく、一刻も早い事件解決を願っております。