読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

【看護師年収】1年目~5年目の年収は?500万円以上は当たり前!?

お金 新人看護師

f:id:baitoclub:20161121112500g:plain

働く地域にもよりますが、看護師さんの平均年収は、500万円前後

700万円以上の看護師さんも多数います。

今回は年齢・勤続年数別にお給料が見合っているのかを解説します。働きに見合っていないお給料しかもらっていない看護師さんは転職をした方がいかも!?

【看護師】初任給の平均は?

看護師さんが初めて手にするお給料。初任給の段階から病院によって差があります。

では手取り金額はいくらでしょうか?

15万円~25万円

初任給で一番多い手取り金額が、15万円~25万円。これは、手取り金額なので額面金額だともう少し多い金額になります。

看護師の仕事を考えると、若干少ない手取り金額かなと思いますが、初任給は、色々と引かれるものが多いので、妥当でしょう。

締め日の関係で半月分しかお給料が入っていなかったり、寮費が2ヵ月分引かれていたりするので、初任給は当てになりません。

10万円未満

初任給がこの金額というのは、正直少なすぎます。1ヵ月働いて10万円を下回っているなら、給与明細をよく確認して、引かれているものに関して身に覚えがない場合は、先輩看護師に確認した方がいいでしょう。

もしかしたら、引かれなくていいものまで、引かれている可能性も…。

2年目~5年目の平均年収

2年目~5年目は、お給料が多くて当たり前の時期なので、この時期に少ないお給料で働くのはもったいないです。

夜勤ありなら年収500万円以上が相場

年収400万円以上貰えるのは当たり前。

もし、400万円を下回っているところで働いているなら、転職を視野に入れた方がいい目安になります。

毎月の手取り金額が少なくても、ボーナスが多い職場や、ボーナスが少ないけど手取り金額が多いなど、病院によってお給料の付け方に差はあります。

しかし、将来のことを考えるなら、年収400万円を下回っているところでいくら働いても将来性がないので、早いうちに転職をして自分の働きに見合うお給料をもらいましょう。

看護師転職サイトのナース人材バンクに登録すると、年収600万円以上の求人を紹介してもらえます

看護師のお給料、一番貰えるのは20代!?

同じ病院で長く勤めるとお給料が上がっていきますが、役職に就けなかったらどうなるでしょうか?

長く働けばではなく、自分の働きを評価してくれる病院にいかに早く出会えるかというのが年収を増やすポイントになります。

最初に勤めた病院だし、なんとなく働きやすいかもと、ダラダラ働くのは損。

若いうち、20代でないとできない働き方というのがあります。

夜勤をMAXやる

毎月、夜勤をフルでできるのは、独身看護師のうちだけではないですか?

体力的に、歳を取ると長続きさせることが難しくなります。若いうちでないと夜勤を頑張ることはできませんよね。

また、子供がいると夜勤なし勤務になってしまう看護師さんも多いです。独身で若いうちにガッツリ稼いでおきましょう。

バイトを掛け持ち

こちらの方法も、若いうちでないとできない働き方です。

結婚・産休を経て復職した看護師さんで、バイト掛け持ちしてるなんてあまり聞きません。

よほどお金に困っていないのであれば、復職後は日勤のみ勤務になることが多いです。

そのため、バイトの掛け持ちも若くて、独身のうちでないとできませんね。

まとめ

看護師さんは、仕事を覚えた2年目から勝負の年が始まります。まず、考えないといけないのは、
今の病院に定年まで勤めてて良いのか?ということ。

独身の今しかできない働き方をしないともったいない。ということ。

2年目~5年目のうちにたくさん仕事をしておけば、結婚・産休の期間があっても、復職しやすい!ということ。

2年目~5年目で年収が400万円下回っているなら、転職を考えること。

ナース人材バンクでは、年収アップのための転職支援を行っているので、今の年収が自分に相応しいのか、今よりもいくらアップできるかなどの年収診断を兼ねて、転職相談するのもありです。

転職相談の結果、今よりも年収50万円以上アップするなら転職がおすすめです。