日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

「訪問看護」今が狙い目!東京都で訪問看護をしよう

全国的に訪問看護師不足といわれています。東京都の訪問看護師も人員不足なため、今なら高給与・希望の条件で働くことができます。

訪問介護という仕事は平日に仕事をして土日祝休みがほとんど、突然の呼び出しがない場合は看護師さんにとってすごく働きやすい職場です。

訪問看護師の勤務先と給与バランス

看護師 = 病院勤務というイメージかもしれませんが、訪問看護師さんの職場というのは訪問介護ステーションや老人ホーム、介護施設が一般的。

訪問介護ステーションの場合、患者さんは自宅で療養しているので、患者さんの自宅に訪問して看護をします。

このような訪問看護ステーションに勤務した場合、病院勤務の時とほとんど変わらない年収がもらえる場合が多いです。

しかし、小規模な訪問看護ステーションだと、給与を低く設定していることもあるので、中規模以上のステーションがおすすめです。病院から転職した場合でも給与を落とすことなく勤務することが可能です。

訪問看護師ならでは、患者さんとの距離感

訪問看護師は患者さんとの距離が近いことだと思います。

病棟では、患者さんが多い分、1対1の看護はできませんが、訪問看護ではそれができます。より近くで患者さんと向き合うことができるので、やりがいを感じることができます。

東京都が狙い目な理由

東京都は人口も多く、年々訪問看護ステーションが増え、介護施設も増える一方です。訪問看護という仕事は、高齢化社会が進む日本でかけがえのない仕事となり、さらに看護師が不足している分野でもあるので、良い待遇で働けます。

東京都には自宅療養している患者さんも多いため、需要が高まっています。中央区だったり、板橋区など働きたい地域を決めて、看護師転職サイトに登録して求人を紹介してもらう転職活動をおすすめします。転職サイトのコンサルタントは条件交渉のプロなので、転職支援してもらうことで高待遇で働けると思います

でも、「都内で訪問看護できる職場を探して下さい」なんていったら、求人がめちゃくちゃ多いので、あちらこちらの職場を紹介されてしまうかもしれません。

なので、「駅から近いところで中規模以上の介護施設がいい」などとハッキリ言いましょう。どんな条件を言っても、条件により近い勤務先を探してくれるのは、「ナース人材バンク」もしくは「マイナビ看護師」です。