読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

看護師が年収1000万円以上を目指す4つの手段

f:id:baitoclub:20160627020925j:plain

夜勤や残業が多いのに給料が割に合わない、そう悩みを抱える看護師は多いでしょう。年収1000万円超えなんてごく一部の看護師だけですが、年収1000万円に近付けるならその手段を知っておきたいものですよね。ここでは、年収1000万円以上の看護師になるための方法を4つ紹介しています。

管理職になるならどういった病院を選ぶべきか、美容系クリニックやCRCの高給与求人の見分け方、看護師が独立するための条件についてまとめています。将来、年収1000万円稼ぎたい!という看護師の方のお役に立てれば嬉しいです。

看護師が薄給という話

看護師の平均年収は約478万円といわれ、平均初任給は3年卒で約26万円、4年卒で約27万円と給料が高いイメージがありますよね。しかし実際は、手取りは20万円以下で薄給と感じる看護師も多いのが現状です。

看護師が一般企業のOLよりも給料が高い理由は夜勤があるから。夜勤がないクリニックや外来、訪問看護ステーション、デイケアでは税金や制服貸与が引かれて月収15万円以下という看護師もいます。実家暮らしか寮生活でなければ生活できない看護師もいるのです。

それなのに、看護師は年収1000万円超えを狙えるのでしょうか?答えは、イエスです。実際に年収1000万年以上の看護師は存在します。年収1000万円超えを目指せる方法を4つにまとめてみました。

看護師が1000万円稼ぐ4つの方法

看護師が年収1000万円以上を稼ぐ方法は4つあげることができます。

  • 看護部長クラスの管理職に就く
  • 美容クリニックへ転職
  • 治験コーディネーターへ転職
  • 独立して訪問看護ステーションや助産院を運営する

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

看護部長クラスの管理職に就く

まず、年収1000万円超えしている看護師はどんな職業が考える時、1番に思い浮かぶのが管理職の看護師でしょう。看護師長や看護部長、副院長の管理職看護師の年収は、900~1000万円といわれれいます。

管理職にいる看護師のうち13%は年収1000万円程度という調査結果もあります。注目すべき点は、管理職の看護師100人のうち13人以外の人は年収が1000万円に満たないという点です。地域によって看護師の給料格差がありますし、民間病院では昇給に差があるからです。

nursebank.hatenablog.jp

年収1000万円超えを狙うなら看護師の給料が高い東京、山梨、奈良、千葉、神奈川にあり、定期昇給制度の公立病院を選ぶべきでしょう。

nursebank.hatenablog.jp次は、年収が高い職場へ転職する方法です。

美容クリニックへ転職

美容クリニックは給料が高めで、月収30万円~50万円、年収で480万円~800万円程度で、稀ですが年収1000万円超える看護師も中にはいます。夜勤なしの美容系クリニックの看護師が高給与かというと、きついノルマが課されるからです。ノルマをクリアしなければ手取り20万円以下の美容クリニックもあるので注意です。

nursebank.hatenablog.jp

高給与の職場は美容系クリニックだけではなく、看護師の資格を活かせる一般企業に転職する方法もあります。CRC、治験コーディネーターと呼ばれている職業です。

治験コーディネーターへ転職

CRCや治験コーディネーターは、新薬の開発に携わります。平均年収は400万円~800万円で、キャリアのあるCRCは年収1000万円も夢ではありません。ただ、土日祝休みでカレンダー通りに休める、夜勤がない、と看護師がから人気の職業なので、CRC求人を探すのは人苦労することでしょう。

看護師求人サイトは看護師から人気の企業求人を非公開で扱っており、経歴があった看護師にだけ紹介しています。良質な求人情報の提供してくれる、担当者が素早く対応してくれる、入職前はもちろん入職後の丁寧なフォローがある看護師転職サイトを選ぶと、企業看護師への転職は成功へと近づきます。

おすすめの看護師転職サイトは「ナース人材バンク」です。利用者満足度が高く、転職成功率も高いです。

その他の看護師転職サイトは下記からご確認ください。

nursebank.hatenablog.jp

訪問介護ステーション・助産院を開業する

最後は、訪問看護ステーションや助産院を開業するという方法です。訪問看護の仕事や助産師としての仕事の経験が5年~10年程度必要となります。医師や先輩看護師がいなくても自力で判断できる能力、助産できる能力があることが大前提です。年収1000万円超えのためだとか、自分の理想の看護観だけで独立が成功するわけではありません。

経営コンサルタントに相談し、万が一に備えて提携してくれる病院や医師、訪問看護ステーション、助産院の確保が重要です。

まとめ

看護師の平均給料は約478万円といわれていますが、夜勤なしや給料の安い地方の看護師は薄給と感じる方が多いでしょう。そんな看護師が年収1000万円以上を稼ぐ方法とは、

  • 看護部長クラスの管理職に就く
  • 美容クリニックへ転職
  • 治験コーディネーターへ転職
  • 独立して訪問看護ステーションや助産院を運営する

この4つがあります。しかし、どの方法にもデメリットがつきもの。年収1000万円超えを狙うなら転職前に給料以外の面、ノルマがなしでも高給与か、実際の手取りはいくらかという点まで把握することが大切です。

独立する場合には、最低でも5~10年の経験が必要ですし、提携病院や医師、助産院の確保に苦労します。