読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

看護師のつらいことは転職で解決できる

f:id:baitoclub:20161014011538j:plain

看護師さんのつらいことは転職することによってつらさが無くなることもあります。今の職場にこだわるのではなく、働きやすくてやりがいのある職場を選ぶことでモチベーションが上がります。

nursebank.hatenablog.jp

どのよう職場を選ぶとつらい思いをしないのか、病院の特徴をまとめました。

看護部の教育の質が高い病院の特徴

転職したい病院にホームページがあれば、その病院に認定看護師や専門看護師が何人いるかを確認してください。スペシャリスト看護師の多い病院ほど看護部の教育レベルが高く、スキルアップできる環境です。

さらに新人看護師の教育スケジュールがしっかり組まれている病院、看護部のパンフレットが作成されている病院も教育の質が高い傾向があります。

求人先の新人看護師の定着率を知る

新人看護師の定着率が高ければ優良求人と言えるのですが、肝心の定着率が公開されていません。ハローワークに問い合わせても分かりません。優良求人を見分ける定着率、じつは看護師転職支援サイトの担当者が把握しています。各病院の採用担当者と独自のつながりがあるため、一般公開しないデータを認識しています。

新人看護師の定着率だけではなく、病院そのものの評判や内部の人間関係、師長の人柄なども把握。看護師の定着率が高い優良求人情報を知りたければ、看護師転職支援サイトに登録。優良求人を紹介してもらいましょう。

nursebank.hatenablog.jp

興味のある分野に配属してもらえる病院を選ぶ

「精神科に興味がある」「外科で働きたい」など、看護師にも興味のある分野があります。総合病院の場合さまざまな診療科目がありますので、希望する科目で働けるよう配慮してもらえる病院を選ぶと良いでしょう。もちろん100%は無理かもしれませんが、できるだけ希望を取りいれてくれる病院を選ぶのが成功への鍵。

看護師の年齢層に偏りのない病院を選ぶ

新人看護師から中堅、ベテランと年齢層に偏りのない病院を選ぶのも重要です。転職したい病院があればできるだけ職場見学をしましょう。病院で働く看護師が新人看護師だけ、または中堅・ベテランのみの病院は要注意!ベテラン看護師ばかりの病院は新人が育たない環境です(教育不十分、新人が居づらいなど)。

逆に新人看護師ばかりの職場も危ない!若い看護師は男性患者には大変受けがいいのですが臨床経験が少ないので医療事故を起こす可能性が高く、トラブルが起きたときに適切に対処できません。ベテラン看護師は給与が高くつくので若い看護師ばかり配置している病院もあります。看護師の年齢層は要チェックです!

nursebank.hatenablog.jp

まとめ

もしも今、仕事が原因の体調不良や気分の落ちこみを感じているのなら、思い切って環境を変えるという方法もあります。転職を成功させたいなら、看護師の定着率が高い優良求人を探しましょう。

nursebank.hatenablog.jp