日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

【夜勤なし】看護師20代~50代の年代別におすすめの職場

f:id:baitoclub:20171114185616j:plain

20代~50代の看護師さんへおすすめしたい夜勤なしの職場にはどのような職場があるのかということを紹介しています。

20代看護師の夜勤なしのおすすめ職場は「総合病院の外来」

f:id:baitoclub:20171214122557j:plain

20代看護師はこれからのキャリアを考え夜勤なしの勤務であっても、できるだけ看護師としてのスキルが磨ける求人を探すのが鍵です。

総合病院の外来勤務であればさまざまな診療科目を経験できますし、クリニックよりも患者数が多いため、臨床経験をよりたくさん積むことができます。外来の日勤を考えてみましょう。

クリニック勤務も悪くありませんが、最初から眼科クリニックや皮膚科クリニックに入職してしまうと看護師としての基礎を学ぶ機会が少なくなります。 

nursebank.hatenablog.jp
単科クリニックではなく併科クリニックや一般内科を選ぶと、看護師としてのスキルアップになります。一般内科は看護師としての基礎を学ぶためにも、一度は経験しておくとよいでしょう。 

nursebank.hatenablog.jp

夜勤なしで働きたい20代看護師が利用している転職サイトは「ナース人材バンク」 → 公式サイト

30代看護師が夜勤なしで働くのにおすすめの職場は「透析」「美容外科」「産婦人科」クリニック

f:id:baitoclub:20171214123740j:plain

30代になるとある程度の看護師経験ができているので、眼科クリニックや皮膚科クリニック、美容クリニックのような単科クリニックに勤務するという選択もありです。

より専門性を追求したいなら美容クリニック、透析クリニック、産婦人科がおすすめ。日勤でも給与が高いのが魅力です。助産師の資格を取得すると産婦人科では給与面でもかなり有利です。 

nursebank.hatenablog.jp

nursebank.hatenablog.jp

夜勤なしで働きたい30代看護師が利用している転職サイトは「マイナビ看護師」 → 公式サイト

40代看護師に夜勤なしのおすすめの職場は「訪問看護」「デイサービス」

f:id:baitoclub:20171214171435j:plain

40代になるとベテラン看護師の域に入ります。看護師としてさまざまな経験をしていることが評価されますので、転職の妨げになることはありませんが、子育て中で夜勤ができないなら、子育てと両立しやすい職場を選ぶ必要があります。

40代看護師におすすめの職場は「訪問看護ステーション」や「デイサービス」。デイサービスには医師が常駐していないため、急変時に適切な対応が求められます。ベテラン看護師が頼りにされます。 

nursebank.hatenablog.jp

nursebank.hatenablog.jp

訪問看護ステーションでは個宅を訪問して高齢者の看護にあたります。患者の小さな異常や異変を見逃さず、医師と連携して対応できる看護師は重宝されます。

近所に訪問看護ステーションやデイサービスがある、高齢者との交流が好きという方にはとくにおすすめできる職場です。デイサービスも明るいムードメーカー看護師は引っ張りだこ。

夜勤なしで働きたい40代看護師が利用している転職サイトは「ナース人材バンク」 → 公式サイト

50代看護師におすすめの夜勤なしの職場は「療養型医療施設」「老人ホーム」

f:id:baitoclub:20171115131606j:plain

ベテラン看護師の域に入った50代看護師、ただし体力的には夜勤がきつい年代です。

ベテラン看護師におすすめの職場は療養型医療施設や老人ホームです。老人ホームは医師が常駐していないことも多く、ベテラン看護師の経験や知識が非常に役立ちます。職場でもリーダーや指導者的な立場に置かれます。

療養型医療施設は急患が運びこまれることがないため、ゆったり仕事ができるのがメリット。ひとりひとりの入居者と向きあいたい看護師におすすめです。 

nursebank.hatenablog.jp

夜勤なしで働きたい50代看護師が利用している転職サイトは「ナース人材バンク」 → 公式サイト

夜勤なしの求人が多い看護師転職サイト

求人サイトの公開されている求人をみると、夜勤なしの看護師求人は、介護系がほとんどです。だからといって看護師を募集している病院やクリニックが少ないというわけではありません。

夜勤なし、つまり日勤のみの看護師求人は求人倍率が自然と上がる条件なので、めったに求人サイトに公開されることはありません。(公開すると応募が殺到して、対応が大変になるため)

ほとんどの場合、非公開求人だったり、応募開始と同時に応募数が集まり、応募ストップになるので、看護師求人サイトの会員のみが知ることができる言わばレア求人状態です。

そのため、みなさんも夜勤ができないけど、看護師の仕事をする場合、看護師求人サイトを利用することが必要不可欠となります。夜勤なしの看護師求人が多く、希望条件で求人紹介してくれるのは、マイナビ看護師とナース人材バンク

マイナビ看護師は、担当者の対応が評判よく、夜勤ができない理由を伝えるだけで、様々な働き方を提案してくれます。

マイナビ看護師の詳細&無料会員登録はこちら

もうひとつのナース人材バンクは、紹介できる求人数が多く、条件交渉に強いのが特徴なので、求人倍率の高い条件で転職先を探す場合、欠かせない求人サイトになると思います。

ナース人材バンクの詳細&無料会員登録はこちら

まとめ

20代の夜勤なしの働き方は、総合病院の外来勤務。病棟でも日勤で働けるところを見つけること。クリニック勤務したい場合に気をつけることは、単科クリニックを選ばず、幅広い経験ができるクリニックを見つけてみる。

30代看護師の夜勤なしの働き方は、単科の専門クリニックで給料が高く、スキルが身につく「透析」「美容外科」「産婦人科」クリニックがおすすめ。

40代看護師の夜勤なしの働き方は、「訪問看護」や「デイサービス」がおすすめ。経験積んできた看護師だからできる仕事が多く、看護師不足の領域のため希望条件提示で高待遇で働ける可能性がある。

50代看護師の夜勤なしの働き方は、療養型医療施設、老人ホーム。忙しすぎず、肉体的負担が他の施設よりも少ないのでおすすめ。