日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

入職して半年の新人看護師が転職するリスク

f:id:baitoclub:20160715154101j:plain

「よし、この職場で頑張ろう!」と思った入職日から半年。もう辞めたいと思う新人看護師がいます。今日は、入職して半年ですでに転職したい気分の新人看護師さんに転職に関するリスクを紹介します。

焦りは禁物ですので、もし本当に転職するなら少しでもリスクのない方法を取る必要がありますので、ぜひこの記事を参考にしてもらえたらと思います。

半年で転職してもいいのかな?

新人看護師が入職半年程度で転職すると「第二新卒」と呼ばれます。採用する側からすれば、あまり印象は良くありません。転職には不利になることを良く考えたうえで決断しましょう。

nursebank.hatenablog.jp

仕事が多忙であることや医療ミスへの不安から、精神疾患うつ病統合失調症)になってしまった場合は、早めの転職が吉です。

また精神病にならなくても不眠症や出社拒否のような症状が出ている場合は、早めに転職を考えた方が良いケースです。十分療養してから復職することも検討していいでしょう。

半年で転職するリスク

看護師を始めて半年で転職するのであれば、看護技術や知識はほとんど身についていないと判断されます。

転職時は「即戦力となる看護師」とはみなされないので、採用試験で不利になる可能性はあります。また「辞めた理由」によっては採用が見送られることもあります。

半年で看護師を辞めてしまうと自分に自信がもてず「次の転職先でうまくやっていけるかわからない」という不安を抱えることになります。転職先を決めきれずズルズルと転職活動が長引くと、無駄に時間を食いつぶすことに。良いアドバイザーが必要です。

nursebank.hatenablog.jp

あと半年我慢して1年経てば転職するリスクは減る?

新人看護師のなかには「辛かったけどとにかく3年頑張った」「1年はとにかく働くべき」という方もいます。

半年我慢すれば、職場や看護師自身の状況が変わる可能性もゼロではありません。仕事に慣れ、1年、2年と仕事が続く可能性もあります。転職リスクが減る可能性もあります。

半年しか勤めてないことを履歴書にかいていいの?

f:id:baitoclub:20160922182526j:plain

転職を希望する病院には採用担当者がいます。あなたの履歴書を見た担当者は「なぜこの看護師は半年間空白があるのか?」という点について疑問を感じるでしょう。

空白にしておくのは構いませんが、面接時には必ず「なぜ空白期間があるのですか?」と聞かれますので、最初から履歴書には勤務実績半年でも職歴を書くべきです。

リスク軽減に転職支援サービスを使う

転職時のリスク軽減に転職支援サービスを使いましょう。面接時に相手に好印象を与える受け答えの仕方、履歴書の書き方など採用試験対策を教えてくれます。第二新卒の看護師を積極的に採用している病院情報、優良求人情報も教えてくれます。

nursebank.hatenablog.jp

まとめ

新人看護師が入職後半年で転職するにはそれなりのリスクがあります。リスクを良く知ったうえで回避できるように、看護師転職支援サービスを上手に使って転職を成功させましょう。