日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

給料が高い看護師求人を探しているなら「儲かってる病院」を探すのが良い

この病院は「儲かってる」と判断する基準は?

儲かっている病院(利益率の高い病院)で働くと、看護師の毎月の給与やボーナス、昇給が有利になります。ではどのような病院が「儲かっている」のでしょうか?これから「高給与の職場へ転職したい」と考えている看護師の皆さん、ぜひチェックしてください!

自由診療で儲かる美容整形・美容皮膚科

「儲かる」病院と言えば真っ先に思い浮かぶのは美容整形や美容皮膚科です。

病院は保険診療自由診療の2種類の診療報酬で収入を得ていますが、美容整形や美容皮膚科はほとんどが自由診療。その金額も病院の都合で好きなように設定できます。

腕がよく人気のあるクリニックは、多少費用が高くても多くの顧客を獲得できます。その分多額の収入を得ることができ、看護師に還元できるのです。

美容整形や美容皮膚科では看護師が化粧品などの商品を売ることもあり、商品販売に貢献しただけ給与に反映されます。

自費診療のレーシック眼科は儲かる

レーシック手術も美容整形と同じく自費診療です。

各病院で自由に費用を設定できますので、人気のあるレーシック眼科病院はかなり儲かっています。ただ人気商売の側面がありますので土日や夜間診療を行う病院もあり、看護師の仕事や勤務時間が増えることになります。

レーシック眼科の場合、医師の腕が悪いと術後にトラブルを抱えることになります。人気のある有名レーシック眼科を選んで入職するのがコツです。

人工透析専門クリニックは儲かる

一度人工透析を受けるようになった場合、その患者は一生透析を受けることになります。

人工透析のコストは血液透析で一か月に約40万円、腹膜透析は30~50万円の費用が必要です。これらの費用は患者の一部負担と公的助成制度でまかなわれています。

人工透析専門クリニックは、確実な収入源となる患者を確保すれば安泰。そこで働く看護師にも高い給与を支払うことが可能です。

糖尿病や高血圧、慢性病は儲かる

糖尿病や高血圧という病気は、急性の病気ではないので治療に長い時間がかかります。また一度症状が良くなっても生活習慣病のため、再び症状が悪化することもあります。

慢性病の患者は一度の通院で完治することはなく、何年も病院に通うため人工透析同様「確実な病院の収入源」になります。そのため慢性病患者が多い病院は儲かるのです。

開業医は儲かる

病院に勤務する勤務医とは違い、自分で病院を開業した医者は儲かると言われます。開業すると医師の年収が倍増するパターンが多いようです。

ただ看護師の給与がアップするかどうかは、院長の方針が大きく影響します。

まとめ

儲かる病院のパターンをご紹介しました。高給与を狙うならやはり景気のいい病院を狙うのが一番。上記にあげた診療科目のあるクリニックや病院に入職すると、高い給与が望めます。