日刊!看護部

「日刊!看護部」は仕事を頑張る看護師さんの就職・転職・復職・キャリアアップ・年収アップを応援するブログです。

育児との両立に向いてないクリニック看護師

 育児をしながらクリニックに勤務するママ看護師は基本的に無理ができませんし、家族の理解がなければクリニックと育児の両立はむずかしくなります。

クリニック看護師として働きたいのに、どうもうまくいかない方は、もしかすると以下のケースに当てはまっているのかも。ぜひチェックしてみてください。

育児とクリニック看護師を両立させるには周囲の理解が必要

小さいお子さんを育てながらクリニック看護師として仕事をしたいなら、まずは家族の理解が必要です。忙しいのに旦那さんの協力が得られない、家族が家事に非協力的、お子さんの迎えはママ一人の役割など、ママ看護師だけに負担がかかると仕事も長続きしないものです。

家族ができるだけ協力してくれる体制でなければ、育児と仕事の両立はむずかしくなります。

夜勤・交代勤務で忙しいクリニック看護師は育児がおろそかに

クリニックでも有床の医療機関では、夜勤や交代勤務をしなければならない看護師もいます。その場合、お子さんを家族に預けて、または自宅にお子さんだけを残して仕事をしなければなりません。これでは育児が疎かになってしまいます。

仕事を優先したい場合は、育児を全面的に任せられる家族がいなければ成立しないのです。家族の協力が得られない看護師はどうしてもクリニック勤務に制限がかかります。

nursebank.hatenablog.jp

お子さんに持病のあるクリニック看護師は無理できない

お子さんが持病をもっている看護師、また自分自身がなにか持病をもっているケースも無理ができません。

とくにお子さんに病気があるなら、まずは仕事よりも育児を優先させることが重要です。お子さんや自身の病気が完治した後に、仕事のことを考えるべきではないでしょうか?

介護と育児を背負う看護師もクリニック勤務に不向き

育児だけではなく介護の負担まで背負っている看護師は、クリニック看護として仕事をするには不向きです。育児と介護のWケアで、さらに仕事をしようとなると条件が揃わなければなりません。要介護者が認知症で徘徊癖があるケースでは、クリニック看護師の勤務どころではありません。家庭環境をよく考えてみることです。

まとめ

看護師として素晴らしい資質をもっていても、育児との両立ができずに仕事ができないこともあります。ただお子さんは時間が経てば手がかからなくなりますので、しばらく待つことで状況も変化するもの。無理をせずに復帰のタイミングを待つのがポイントです。

クリニックでフルで働く看護師の手取りは月17万円

クリニックで働く看護師の給与は、夜勤や交代勤務のある看護師にくらべて低くなりがち。クリニックでフルに働いても、看護師の手取り額は約17万円という現実があります。

ここではクリニック看護師の給与、どの手取り額について調査しています。これからクリニックで働きたい看護師は、ぜひチェックしてください。

クリニック看護師の手取り額計算方法

求人票に「月給20~25万円」と書かれていても、その金額がそのまま支給されるわけではありません。基本給から厚生年金保険料や雇用保険料、健康保険料、さらに所得税や住民税などが差し引かれていきます。

40歳以上の看護師は介護保険料も引かれてしまうことも忘れないでください。基本給20万円であっても、結局手取り額が17万円前後まで減額されてしまうのは仕方のないことです

クリニック看護師の手取り17万円は安い?高い?

クリニック看護師の手取りは約17万円と言われていますが、これは妥当なものでしょうか?基本給や手当を加えた給与が22万円前後なければ、これだけの手取りは実現しません。

手取り17万円は少なく感じてしまいますが日勤のみで定期的にお休みがもらえるクリニック勤務ですから、まずは妥当な金額だと思います。もちろん金銭感覚は人によって違いますので、17万円が安いと思うなら夜勤のある医療機関に転職すべきです。

手取りが減っても社会保険、厚生年金に加入できた方が良い

手取りが多い方が生活に余力がうまれますので、社会保険(厚生年金や健康保険)については疎かにしがちです。ところがこの社会保険、じつはとても重要。国民年金を掛けても将来もらえる年金は月に5万円前後。

厚生年金なら月に10万円以上になります。高齢になったときの生活を考えたときは、社会保険のしっかりしたクリニックの方が安心なのです。

クリニック看護師が手取り額を増やすには?

クリニック看護師が手取り額を増やそうと思えば、基本給や手当の高いクリニックへ転職・復職する以外にありません。

クリニックの場合院長が取りしきっているため、よほどクリニックの運営状況が良くない限り看護師の給与は簡単にあがりません。給与額に強い不満があり周囲のクリニックよりもあきらかに給与が安い場合は、転職も視野にいれると良いと思います。

まとめ

クリニック看護師の手取り額は約17万円ですがこの金額が高いか安いか妥当かは、看護師の経済状況などによって違います。満足して働けるなら現状を維持するのも良いですし、不満なら転職することも可能です。納得できる選択をするのが一番ではないでしょうか。⇒ 転職するならナース人材バンク

看護師一人体制のクリニックで働くことになった時に役立つ情報

当初は複数の看護師で働いていたクリニックも、一人、二人と看護師が辞めていき最後に「自分一人になってしまった」というケースがあります。

看護師が一人体制でクリニック勤務を続けることは、口で言うほど簡単ではありません。ここでは看護師一人体制のクリニック、その実状や対処法をご紹介しています。

一人体制のクリニックでは看護師の役割が重い

一人体制のクリニック看護師はスタッフが少ないために人間関係に関わるストレスは少なめなのですが、クリニックの仕事をするとなるとかなり大変です。一人でマルチに対応しなければなりませんので、ある程度の臨床経験が必要です。

一人看護師は、ほかの看護師と点滴や注射のWチェックができませんので、医療ミスが起きると責任が重くなります。一人看護師は気が重い面があるのです。

一人体制のクリニックで看護師は休めない?

一人体制のクリニック看護師が休むと、問診や点滴、採血などの業務に支障がありクリニックの診察がスムーズにすすまなくなります。

ところがそれでは看護師は休めないと思いがちですが、看護師が休んだ日は院長が注射や点滴をしたり、事務員が診察介助をおこなうなどスタッフ総出でカバーしていることがあります。一人体制のクリニック看護師だから休めないということはありません。

nursebank.hatenablog.jp

一人体制のクリニックではほかのスタッフに協力をもとめる

看護師が一人だけのクリニックでは、どうしても手がまわらないこともあります。そんなときは事務スタッフに声をかけて手伝ってもらうことです。注射や点滴はできませんが、問診や診察介助、検査の準備は事務員でも可能です。

人手の少ないクリニックでは、臨機応変にスタッフが仕事をすることが重要です。「事務だからできません」「それは看護師の仕事だろ?」と言うスタッフがいると看護師も長続きしません。

どうしても看護師一人でクリニックを回せないときは?

看護師一人でクリニックの仕事ができないときは、まず院長に現状を訴えましょう。クリニックに余裕があり院長が納得すれば、看護師が増える可能性もあります。

それができないときは「クリニックを辞める」と言うとしぶしぶ看護師を増員してくれるかもしれません。それでも看護師が増えないときは思いきって辞めてしまうのも方法です。

まとめ

一人体制のクリニックでは、看護師にかかる負担がとても重くなります。その負担に耐えられなくなる前に、できるだけ周囲のスタッフに手を貸してもらうのが対処法です。一人で抱えこまないことが長続きのコツなのです。

クリニック勤務の看護師がボーナスをちゃんともらうためには?

看護師としてクリニックで働く以上、やっぱり気になるのが給与です。とくに年収に影響を与えるものが賞与、この額はバカになりません。

ではどのようなクリニックを選べばボーナスがきちんと支給されるのでしょうか?ここではボーナスがしっかり支給されているクリニックの選び方や注意点をご紹介しています。

看護師にボーナスが支給されているクリニックの特徴とは?

小さなクリニックや開業したてのクリニックは看護師にボーナスが支払えない、支払えてもスズメの涙…という実態があります。

看護師にきちんとボーナスが支払えているクリニックは長年安定して運営できているクリニック、有名で毎日多くの患者が押し寄せるクリニック、自由診療で人気のあるクリニックという特徴があります。これら特徴のあるクリニックを狙えばボーナスをゲットできるかもしれません。

クリニックで働く看護師のボーナスの決め方

クリニックによってボーナス査定には方法があります。完全に院長の考えでボーナス額を決めているところもありますし、基本給の1か月分や2か月分と決まっているクリニックもあります。

「今年は儲けがでたので、看護師に還元したい」となれば普段の年よりも多めにボーナスが支給される可能性もありますし、その逆も考えられます。ボーナスがゼロ円になることもあるのです。

ボーナスが支給されるクリニックは経営状態安定

ボーナスは法律で支給するように強制されたものではありません。クリニックに余力があって初めてもらえるものです。そのためクリニックの経営がある程度安定していることが、ボーナス支給の条件になります。

逆に毎年看護師や事務スタッフにきちんとボーナスを支払えるクリニックは、経営基盤が安定しており多くの患者から支持されていることになります。

儲かっているクリニックの特徴を知るとボーナスに近づける

地元で30年以上もクリニックを運営し続けている、名医として知られるクリニックで評判もよく患者数が多い、美容外科やレーシック眼科など自由診療のクリニックであるなど、儲かっているクリニックの特徴を知ることがボーナスへの近道です。

クリニック勤務で高給与をめざすなら、入職するクリニックの経営状態をある程度知ることが必要ですね。

まとめ

クリニックによってボーナスの支給額は大きく違います。少しでも多くのボーナスをゲットしたいなら、入職するクリニックを見極めることです。看護師求人サイトなどでクリニックの運営状況を調査してもらうと失敗がありません。

nursebank.hatenablog.jp

クリニック看護師は病院看護師の何倍忙しいのか調べてみた

クリニックは少ないスタッフで仕事をこなしているため、看護師一人にかかる業務量がかなり大きくなります。

病院看護師だったら「絶対しなくていい」ことまで引き受けなければならないので、忙しいのが現実なんです。

クリニック看護師がどれだけ忙しいのかをまとめていますので、興味のある方はぜひお読みください。

クリニック看護師は職場の掃除をするので忙しい

クリニック看護師は、問診や採血、採尿、点滴、各種検査、服薬指導、カルテ管理など看護ケアだけではなく、クリニックの掃除や備品の整理、在庫管理、電話受付など幅広い業務に素早く対応できるだけの機動力が必要です。

スタッフの数が少ないので「採血だけしていればいい」わけではありません。クリニックの掃除は専門業者に任せたくなりますが、それだけの人手や予算がない場合は看護師の仕事になります。

クリニック看護師は患者に関わる雑用で忙しい

クリニックは地域密着型のところが多く、患者とも面識があります。看護師と患者が親しくなると「タクシーを呼んでくれ」「自宅の嫁に電話をかけて」「バスの時間を調べて」など、看護の業務以外の雑用がどんどん投げこまれます。

ただし、ここで「嫌です」と言ってしまうと「あのクリニックの看護師は融通が利かない」と悪い噂がたってしまいますので、患者に関わる雑用でクリニック看護師は忙しくなります。

診療科目が多いクリニック看護師は忙しい

内科・外科・整形外科と診療科目の多いクリニックは、それだけケアが多くなりますので忙しくなります。

ギブスの取り替えをしたら心電図を読み、バリウム検査の準備、採血や視力検査、レントゲンと休む間もなく忙しく仕事をしなければなりません。看護師が少ないとフォローしてくれる人もいないので、心理的プレッシャーは大きくなります。

nursebank.hatenablog.jp

クリニック看護師は院長に関わる雑用で忙しい

クリニック看護師は、患者だけではなく院長やその家族に関わる雑用で忙しいこともあります。院長が学会に出席するとなれば駅まで送迎、院長家族が買い物をするときも送迎、荷物を受けとりに行かされるなど、院長に関わる雑用がまわってくるとウンザリです。

まとめ

ただでさえ忙しいクリニック看護師ですが、さらに追い打ちをかけるように看護とは関係ない雑用を引き受ける可能性もあります。クリニックの方針もありますしそれまでのやり方もありますので、無視するわけにはいきません。クリニック看護師は覚悟すべきところです。

クリニックで働く看護師の年収が病院より高いわけがない理由

病院からクリニックに転職する際にちょっと嫌なのが、年収が下がることですよね。クリニックでも病院より高い年収がもらえるという記事もありますが、それは現実離れしている事実だと思います。

ここでは、クリニックの看護師の平均年収と年収の高いクリニックの特徴、給料が安いクリニックの特徴をまとめました。クリニックへ転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

病院からクリニックに転職すると年収が○○円ダウンする

病院からクリニックに転職すると年収が大きくさがります。看護師は比較的高い収入がもらえる職業だと言われていますが、じつは夜勤手当や交代勤務手当など手当が加算されているから高収入につながっているのです。

夜勤がなく各種手当が加算されないクリニックでは、収入がさがって当然。勤務先クリニックによっては、夜勤ありの病院よりも約100~200万円も年収がさがってしまうのです。

nursebank.hatenablog.jp

そもそも、病院からクリニックへ転職する人は年収よりも優先させたい条件があるのでは?

夜勤や交代勤務のないクリニックは年収面を考えるとかなり不利。ただ収入が減るかわりに夜勤や交代勤務がないため、お子さんが小さくて夜間は家をあけられないママ看護師や介護と仕事を両立させたい看護師にとって、クリニックは働きやすい職場です。

年収よりも大事なものがあるなら、それを優先させるのが良いのです。将来夜勤のある病院へ復帰することも十分可能なのですから。

でも、働き方や働くクリニックの経営状況によって、病院勤務の年収と同じ位の年収は狙える

これは本当のことです。ただしどんなクリニックでも高収入につながるわけではありません。

病院看護師の年収よりも高い収入が得られるクリニックの特徴・条件としては、営業ノルマがあるところや専門的な知識が必要なところ、経験年数が長いことなどです。

営業ノルマのあるクリニックは看護師に営業マンとしての才覚が必要なので簡単ではありませんが、高収入が狙えるクリニックは確実にあります。

一般的に言われている年収が高いクリニックの診療科

一般的に年収が高いクリニックの診療科は、美容外科やレーシック眼科、人工透析クリニック、また助産師の資格があれば産婦人科などです。

ただ営業ノルマを達成できなければ高年収につながらないクリニックもあるため、入職前に給与の実態をチェックしたいですね。看護師求人サイトならクリニックの実態を知ることができます。

まとめ

クリニックは有床の病院よりも看護師年収がさがってしまいますが、その分自由な時間が増える、土日など決まった日が休めるなどメリットもあります。年収と働きやすさを考えて入職先を選ぶと良いですね。

クリニックで起こる看護師のいじめは辛すぎる

クリニックは限られた空間のなかで働くことになるため、一度いじめを受け始めると逃げ場がなく、さらに異動で人間関係が大きく変わることもないため、いつまでもツラい時間が続くことになります。

クリニックでいじめが起きる理由やその対処法をご紹介しています。これからクリニックで働きたい看護師の方へ。

クリニック看護師が経験するいじめいろいろ

クリニックで看護師が経験するいじめにはさまざまあります。

同僚看護師や事務スタッフからの意図的な無視、とてもこなしきれないほどの仕事を押しつけられる、ミスの責任転嫁、聞こえるように悪口を言う、根も葉もない噂をながす、必要な連絡を意図的にしない、同僚からいつも怒られる対応しかされないなど。

どのようないじめをされてもツラいものです。

クリニック看護師がなぜいじめに遭うのか?

クリニック看護師がいじめに遭う原因は、古参の看護師よりも学歴が高い、看護スキルが高いなどのやっかみや、仕事のできない看護師に対する嫌がらせ、一人でさっさと定時に帰るなど協調性のない看護師に対するいじめなどが原因です。

なかには「院長と仲良く話しをしていた」という、ささいな理由からいじめが始まるケースもあるようです。もちろんすべてのクリニックでいじめが起きるわけではありません。

クリニック看護師がいじめに遭った場合の対処法

いじめられている原因に心当たりがあり、さらに改善できそうなら努力するべきです。協調性のなさでいじめに遭うなら、ほかの看護師に合わせるなど努力を。

けれどなかには「あの看護師は彼氏ができたみたい。羨ましい」という理不尽な理由からいじめが始まることもあります。どうしても対応しきれないとき、いじめがおさまらないときは転職する方法しかありません。

いじめのないクリニックの見極め方

クリニック内にボス的存在の看護師がいて、新人看護師がことごとくいじめられて辞めていく恐ろしいクリニックもあります。絶えず看護師の募集が出ている、クリニックの看護師がいつもコロコロ変わるところは要注意です。

けれどクリニックの内情や離職率を看護師が知ることは困難。看護師求人サイトをつかって職場の人間関係を調査してもらうと安心ですね。

⇒ 人気の求人サイトナース人材バンク

まとめ

クリニックは狭い空間なので逃げ場がありません。そんなクリニックで起きるいじめは本当につらいものです。クリニックに入職する前にいじめの起きやすい職場なのか、しっかり調査しておくことで入職後のトラブルを防ぐことができますよ。

nursebank.hatenablog.jp